2014年04月13日

春浅し三題

 ひだまりや 三寒四温 窓辺かな 

 今年は、冬の終わりから春先にかけて、寒のきびしい日とゆるんだ日が、交互にやってきた。
 寒い春という長期予報どおり、三寒は、冷え込み、四温といっても、春まだ遠しの感が深かった。
 それでも、窓辺のひだまりには、春の気配が漂っている。
 今年の冬は、いつもより、長かったような気がする。
 陽だまりで、その冬が去ったことを、ようやく、知るのである。

 散る花の しずけき音や 春浅し 

 今年は、盛りに雨が降ったこともあって、あらたまって、花見にでかけなかった。
 気づくと、いつのまにか、花が散りはじめている。
 しずけき音は、花を散らした、春にしては冷たい雨の音だったかもしれない。

 一片を 川面に浮かべて 花終わる

 一片と書いて、音読みは、ひとひらである。
 ひとひらは、小さく、はかないが、深く印象に残る何かである。
 ひとひらの雪、ひとひらの風、そして、一片の花弁は、移り変わる季節を雄弁に物語っている。
 水面に浮かんだひとひらの花弁に、時節の移り変わりを知ったのである。
posted by office YM at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。