2009年04月16日

鳥と季語

 武蔵野の 雲高き空 鳥帰る
   
      忘れるなかれ 雲の路筋
 

 秋に北から来て、春に北へ帰る雁が、音もなく、空を渡ってゆく。
 その空に、大きな雲がうかんでいる。
 L字編隊を組んで、まっすぐ、北をめざすすがたは、まるで、空にかかった雲の路を行くようだ。
 繁殖地に向かう渡り鳥は「行く」ではなく「帰る」である。  
 秋に日本へ渡って来て、春、北の繁殖地に帰る渡り鳥には、雁や鴨、鶴、白鳥などの大型の鳥から鶫(つぐみ)、鶸(ひわ)などの小型の鳥まで、多くの種類がいる。

 鳥帰る 忘るなかれや 雲の路

「忘るなかれや」と呼びかけるのは、迷わずに、北の繁殖地へ着くようにというだけではない。
 秋になったら、忘れずに、日本へ戻っておいで、とたのんでいるのである。
「鳥帰る」や「帰雁(きがん)」は、春の季語だが、形容詞なしの雁は、秋の季語である。
 花鳥風月ということばがあるように、日本人には、鳥を天地自然の風物としてみる美意識がそなわっている。
 その鳥が、季節によって、海をこえて渡ってきたり、帰ったりする。
 冬のあいだ山にいた鳥が、春、里にやってきて、美しい声で囀る。
 春に桜が咲くような、鮮やかな季節感である。
 季語となる鳥のうち、よく知られているものを列記してみよう。
 
 /雉子(きじ)・鶯(うぐいす)・雲雀(ひばり)駒鳥(こまどり)・鷽(うそ)・燕(つばめ)
 / 時鳥(ほととぎす)・郭公(かっこう)・仏法僧(ぶっぽうそう)・木葉木菟(このはづく)・大瑠璃(おおるり)・雷鳥・翡翠(かわせみ)・葭切(よしきり)・水鶏(くいな)
 /・雁(かり)・鵙(もず)・啄木鳥(きつつき)・眼白(めじろ)・頬白(ほおじろ)・山雀(やまがら)・四十雀(しじゅうがら)・鶉(うずら)・鶇(つぐみ)・鵯(ひよどり)・鶸(ひわ)・懸巣鳥(かけす)・鶺鴒(せきれい)・椋鳥(むくどり)・鴫(しぎ)
 /鷹(たか)・鷲(わし)・梟(ふくろう)・寒鴉(かんがらす)・寒雀(かんすずめ)・鳰(かいつぶり)・千鳥(ちどり)・鴨(かも)・鴛鴦(おしどり)

 いわひばり 多夫多妻なり 春の宴 

 鳥の行動が季語になるのは「鳥帰る」だけではない。
 鶯の第一声が初音で、渡り鳥が雲間に隠れるのが、鳥雲に入る。
 孕(はら)み鳥から、鳥交(とりさか)る、というのまである。
 群れで生活しているイワヒバリは、一夫一妻制の他の鳥とはちがって、多夫多彩の乱婚型である。
 奔放のようにみえるが、そうではないことは、雌が抱卵したときにわかる。
 一羽の雌が卵を孵すと、すべての雄が、分け隔てなく、巣に餌を運んでくるのである。
 これなら、高山や岩山という、食糧事情のわるい場所でも、子育てができる。
 孵化したヒナが、やがて、巣立ってゆく。
 巣立ち鳥は、春の季語だが、夏に近い晩春であろう。
 初夏の空にむかって羽ばたく若鳥は初々しい。
 


posted by office YM at 09:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カーキ色は寒いことの暖色に介在してと間を結んで、典型的な中性の色で、最もお金がその他の色の“平和な色”を収容するのです。彩りが鮮やかな春夏の2つの季節、ブランドコピーはカーキ色を使って各種の色の組み合わせに来てと、あなたのに美しくて気の向くままに開放することができます。カーキ色の財布と緑色が肩のベスト柔軟なことを現すのは人の感じに青い財布よりも更にさわやかです。ブランドコピー
Posted by ブランドコピー at 2014年02月08日 15:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。