2009年06月12日

 梅雨入りと夏野菜

 あじさいの 色の変わりて 足とまる

 ついりは、つゆいり(梅雨入り)のことで、夏の季語である。
 夏や冬の前に多雨になるのは、寒気と暖気がいれかわるからである。
 雨が降る仕組みは、なかなか、むずかしい。
 低気圧のとき、雨が降りやすいのは、周囲から空気がはいってきて、上昇気流が生じるからという。
 上昇気流が生じると、上空で冷やされた空気中の湿度が水滴にかわって、落ちてくる。
 梅雨は、日本列島で、北の冷たい気団と南の温かい気団が広範囲に接触して生じる。
 北の冷たい空気が下層へもぐりこむため、南の湿った空気が上昇気流となって、雨雲がつくられるのである。

 じゃがいもの 花咲きみだれて 低き雲

 庭の片隅につくった畑にナスとジャガイモ、トマトを植えた。
 五月雨が梅雨にかわる頃、ジャガイモは白、ナスは薄紫、トマトは黄色の花をつける。
 梅雨が明けると、夏の陽射しを浴びて、一日一日、実が大きくなる。
 わが食卓に上がる日を楽しみに、いまは、雨に咲く可憐な花をながめているばかりである。

 きゆうとなき 手にもてあそぶ 茄子かな

梅雨晴間 どこで出会いし 二羽の蝶




posted by office YM at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック